2014年02月24日

HACHZKIとYUKIKO

前回お伝えしたGRRIFFIはこちら


20140225 002.jpg

HACHZKI




天地の深いクラシックラインです(`・∀・´)


レンズの天地で下のほうはややスリムなシェイプになってます。





んで


20140225 003.jpg


YUKIKO



こちらは逆に天地の浅いクラシックです。





同じ生地を使用してますが





20140225 004.jpg


レンズシェイプを見てみると違いがハッキリ(`・ω・´)





さっぱりとした顔の人は上のHACHZKIがかなりオススメです。




はたまた少しほりの深い顔の人にはYUKIKOがオススメです。





オイラの顔は断然YUKIKOがはまってましたね(´▽`)アハハ




思えば




オイラが持っているクラシックはほとんどがこのタイプ・・・・。







このデザインしか似合わないんでしょうね〜〜〜〜〜(´;ω;`)







posted by エビ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | GRRIFFI

2014年02月21日

簡単ではありますが

GRRIFFIの新作が届いております(*´∀`*)



時間がないためまずは写真のみですが



20140219 008.jpg


GRRIFFIらしい生地の使い方です(`・ω・´)




20140219 009.jpg



小ぶりのクラシックでガチガチにならないのがいいですね(´∀`*)



また後日じっくり紹介します〜〜♪
posted by エビ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | GRRIFFI

2013年03月07日

GRRIFFI GV-2001

グリフィーの新作がちょろちょろ入荷しております。

20130305 056.jpg

セル枠なのでもちろんイタリアマツケリー社の生地になります。

クラシックタイプですが

今年の流行カラー

グリーン

を混ぜ混んだカラーに仕上がっています。



20130305 057.jpg

生地自体も8mmからの削り出しで6mmに仕上がり

見た目の重さとは違って軽くなっています。

しかもグリーンとの合わせカラーなので掛けやすく

ハマるデザインです。

20130305 058.jpg

オリジナルバネ蝶盤にHAND MADE


全開紹介した技法ですので

職人の手削りでエッジは冴えています。



20130305 059.jpg

posted by エビ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | GRRIFFI

2013年02月01日

GT-7017

今週末は毎年恒例となった

丸亀ハーフマラソンです。

オイラの店の前にも仮設トイレが設置されました(`・ω・´)

20130201 001.jpg

去年は3個室だったのだが

今年は


何を思ったか計18個((((;゚Д゚))))


この写真の裏にもしっかり並んでるんです。




増やし過ぎじゃねぇ??


確かに3個室では少ないけど


18個はさすがに多いっしょ(´ε`;)




まぁ、足らないよりかは余る方がよいけど・・・・。




あと


よくわからないのは


この仮設トイレ





水曜からあるんだよね(´<_` ) マラソンは日曜なのに( ´,_ゝ`)ホジホジ THE 無駄




まぁそんな事を気にしていてもしかたないので


本日のメガネ紹介です(`・∀・´)



GRRIFFIです。

20130201 002.jpg

フロントはチタンの打ち抜きでリムの上側はレーザーカットで段付きっぽく仕上げています。




シックなフロントに反発するかのようにテンプルの先セルがポップで明るいです。

通常の先セルとは違い

多めに差し込んでいることにより


よりポップ感が増し

クラシックがクラシックじゃなくなっています(*´∀`*)



20130201 003.jpg


んで専用ケースですが中を開けるとドット柄が可愛く持ち運びたいケースになっています。


posted by エビ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | GRRIFFI

2013年01月15日

遅れました:(;゙゚'ω゚'):

紹介が遅れてしまいました:(;゙゚'ω゚'):


オイラの店にお仲間が増えましたでごわす(`・ω・´)


GRRIFFI



福井の鯖江で小さいところですがこだわりを持っているブランドです。


基本的には全てのアセテートはイタリアのマツケリーを使用してます。

今回紹介するのはその中でもかなりこだわりを醸し出してくれているモデルです。

20130115 034.jpg

一見普通のセル枠に見えるかもしれませんが

角と言う角


そう


もう一度言います


角という角








職人さんよる手削りなんです(`・∀・´)



簡単に説明しますと

メガネを作るには200から300の工程があります。

もちろん中国や韓国などはその半分の工程があるかないかです。

国産メガネで最終工程に入った時に

セル枠なら磨きがかけらけますが

この磨きの工程は機械がすることが多いです。



もともとエッジを立てたデザインのフレームでも

機械の磨きにかけると角がぶつかりあって

丸みを帯びてきてしまうのです。




そんな些細な丸みすら許さないのが


ここ!!!!!

20130115 035.jpg

写真では伝わらないかもしれないですが



エッジが効いてるんです!!!!



痛いんです!!!


凄いんです!!!




tinenn.jpg

この人の名前が2秒以内で出ればかなりのマニアwww



話がぶっ飛んでしまいましたが



20130115 036.jpg

生地へのこだわり

生地を活かすこだわり


それを生かすも殺すも作り手次第



0〜最後まで

手を抜くことのない

妥協しない

国産メガネをこれから紹介していきます(`・ω・´)



posted by エビ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | GRRIFFI