2013年01月15日

遅れました:(;゙゚'ω゚'):

紹介が遅れてしまいました:(;゙゚'ω゚'):


オイラの店にお仲間が増えましたでごわす(`・ω・´)


GRRIFFI



福井の鯖江で小さいところですがこだわりを持っているブランドです。


基本的には全てのアセテートはイタリアのマツケリーを使用してます。

今回紹介するのはその中でもかなりこだわりを醸し出してくれているモデルです。

20130115 034.jpg

一見普通のセル枠に見えるかもしれませんが

角と言う角


そう


もう一度言います


角という角








職人さんよる手削りなんです(`・∀・´)



簡単に説明しますと

メガネを作るには200から300の工程があります。

もちろん中国や韓国などはその半分の工程があるかないかです。

国産メガネで最終工程に入った時に

セル枠なら磨きがかけらけますが

この磨きの工程は機械がすることが多いです。



もともとエッジを立てたデザインのフレームでも

機械の磨きにかけると角がぶつかりあって

丸みを帯びてきてしまうのです。




そんな些細な丸みすら許さないのが


ここ!!!!!

20130115 035.jpg

写真では伝わらないかもしれないですが



エッジが効いてるんです!!!!



痛いんです!!!


凄いんです!!!




tinenn.jpg

この人の名前が2秒以内で出ればかなりのマニアwww



話がぶっ飛んでしまいましたが



20130115 036.jpg

生地へのこだわり

生地を活かすこだわり


それを生かすも殺すも作り手次第



0〜最後まで

手を抜くことのない

妥協しない

国産メガネをこれから紹介していきます(`・ω・´)



posted by エビ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | GRRIFFI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61480194

この記事へのトラックバック