2011年08月28日

木調浪漫

a17.jpg

とうとうオイラの店にも木材のフレームが入荷しました。

初めてお目にかかるのですが

質感はしっかりとした木なのですがどこか竹のような弾力性もある感じでした。

フロントまで木ですので加工はどうするのか?調整は?縮まないか?

色々と考えていたのですが

結論から言ってしまえば

これ、木じゃないんです。

シールに書いてるように「木調」なんです。

オイラ、てっきり木かと思いました。

どこから見ても「THE 木」です。

それもそのはず、

この技術は日本でただ一人

鯖江の職人さんしか出来ない技術らしいです。

って言うことは

世界でたった一人なんですよ!!!

a18.jpg

ヤバス!!!

色んな意味で

ヤバス!!!

その職人さんが死んでしまえばもう二度とできないと言うこと_| ̄|○

a19.jpg

手作業ですこしづつ巧妙に削り本物以上に似せています。

したがって小ロット生産しかできないんです(汗)

こういうフレームと言うのは一般消費者よりもオイラ達がうなる一本なんですよね^^

日本の技術の素晴らしさ

これをお客様に伝えるのもまた、オイラ達の仕事です!!
posted by エビ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | メガネ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47600009

この記事へのトラックバック